免許所得方法!日本の運転免許の書き換えについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「損しない!」対策特集
The following two tabs change content below.
アバター

SHIGE

「ワーホリ期間2013年12月〜2014年8月」 南の島に移住することに憧れをもち、親友に誘われ一緒にワーホリへ! ゴールドコースト4ヶ月メルボルン4ヶ月シドニー旅行1ヶ月ゴールドコースト→ポートダグラス ハーフラウンド 海外旅行9カ国

こんにちは、SHIGEです。

 

今回は「免許所得方法!日本の運転免許の書き換えについて」

お話したいと思います。

 

YouTubeの視聴者さんから

こんなコメントをいただいた為です!

 

オーストラリアで車を運転取得を考えてるかたは多いと思うので

きちんと説明していきますね!

 

◇オーストラリアで車を乗るまでの流れ!◇

日本の運転免許の翻訳をする 

免許所得!日本の運転免許の書き換えについて ←いまここ

車の入手方法、選び方について

 車購入後の手続きについて

車の保険について

オーストラリアの運転で必要な知識

 

それでは行ってみよう!

 

*日本の運転免許証を持っていること前提での記事になります。

 よろしくおねがいします。

 

トランスポートで免許の買い替えができる!

日本運転免許証の書き換えは

トランスポート(Transport)という所でできます。

 

「Transport」 と調べて、あなたが今住んでいるところから

一番近いところに行きましょう。

 

【SHIGEの場合】

ぼくは当時、ゴールドコーストのサーファーズ・パラダイスに

住んでいたので「Queensland Transport」で調べて

バスで行きました。


30 Upton St, Bundall QLD 4217 Australia

 

SHIGE
SHIGE

道に迷いながら行った記憶があるw

 

必要な書類と流れ

必要な書類は6点です。

①パスポート

②オーストラリアの銀行カード

③住所証明(銀行開設時に送られてきた封筒など)

④日本のクレジットカード

⑤日本の運転免許証

⑥日本の運転免許証の翻訳

 

これを持っていかないと発行できませんので

しっかり準備して向かいましょう!

 

 

 

 

トランスポートに入ってからの流れ

 

スタッフに目的を伝える

必要書類を提出する

アプリケーションを書く

アプリケーションを出してお金を払う

免許証の写真を撮る

レターをもらう(免許証代わりに有効なもの)

オーストラリアの運転免許証が届く(2週間後ほど)

 

 

 

免許の有効期限と費用について

 

【2018年の情報】

免許の有効期限一年分の費用

$76.25

免許の有効期限二年分の費用

$106.30

 

 

 

実際のアプリケーションフォームに書くこと

(アプリケーション フォーム イメージ)

 

アプリケーションの内容を解説している動画になってます。

書き換えを行った直後の動画です。

聞き取りづらく内容もまとまってませんが

英語が苦手な方は何が書かれているのか、

ざっと理解することはできると思います。

 

(クソ動画です。2倍速で見て下さい。)

 

 

 

手続きで覚えとくと役立つ英語

I’d like to Transfer my japanese driver license to Australian license.

(日本の運転免許証をオーストラリアの運転免許証に書き換えたいです。)

 

Have you filled up application form ?

(アプリケーションフォーム持ってきましたか?)

 

Did you bring all the documents?

(必要な書類は持ってきましたか?)

 

 

英語ができなくても気合でなんとかなる!

 

恥ずかしいですが中学英語も

ろくにできないレベルでしたが一人で

運転免許の書き換えを行うことができました。

 

英語が話せるひとと一緒に行けるのが理想ですが

自分のことは出来る限り自分でやりたいですよね。

 

この記事を参考にしていただければ

できると思います!頑張って下さい(^^)

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

ではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました