ファームを5つした私のおすすめはブルーベリー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「損しない!」対策特集
The following two tabs change content below.
Chika

Chika

【ワーホリ期間2017年11月~2018年10月】大阪出身。日本ではヘアメイクのお仕事をしてました。写真が撮るのが好きで、 いつか世界中を旅しながら写真を撮るのが夢です。

オーストラリアのワーホリに一年行ってたChikaです!

(ワーホリ期間 2017年11月~2018年10月)

 

この記事ではオーストラリアのファーム(牧場)について

私の経験をもとに記事にしました!

お役に立ったら嬉しいです\(^o^)/

わたしが撮った写真もみてみてください(*^^*)

 

オーストラリアのファームの現状について

ファームは詐欺被害が多い?

わたしはオーストラリアのワーホリで一年間生活をして

その中で半年間がファーム(牧場)での生活です。

(我ながらガンバったw)

 

半年間のファームといっても同じところに

ずっといたわけじゃないです。

 

想像以上に過酷で逃げ出したり

楽しかったり色々ありました。

でも、オーストラリアに行ってみると分かりますが

ファームの悪徳業者の話を聞きます。

 

わたしは経験してないですが

セカンドビザ目的でファームに行ったのに

政府に許可がおりてないところで取得できなかった!

なんて、話を聞きます。 怖いですよね。

 

でもこの記事を読んでいただければ

少なくてもファームの詐欺対策ができます。

(おすすめファームも紹介します。)

 

・情報の少なさ

・アジア人の悪徳オーナー

わたしはそういったことで困りました。

わたしの経験や友達から聞いたことで

少しでもお役にたてたらと思ってます。

 

悪徳ファームをチェックする方法

セカンドビザ申請には下記のものが必要です。

これがないと申請ができずにセカンドビザは取得できません。

  • 雇い主から労働日数、サインの入った証明書(Form1263)
  • 給与明細表

ファームはオーストラリア政府の許可がないと

セカンドビザは発行できません。

 

ワーホリビザを申請したようにセカンドビザ申請を行い、

資料を請求されたひとは給与明細とForm1263を送る形になっています。

 

しかし、悪徳ファームでお金儲けのためだけにやっている

ファームだと許可を取得せず運営していることが多く

給与明細を出さず手渡しだったりForm1263のサインをしない。 というケースがあります。

気をつけてましょう!  

 

また小さいファームですと

Form1263を自分で持っていかないと面倒くさがって

サインしてくれない場合があります。   

必ずForm1263を自分で印刷して行ってください。

 

「Form1263」をここで印刷しよう!

ファームの責任者には必ず Form1263にサインをしてくれるのかを念を押したほうがいいです。

現地についても、念のために

先に働いているひとにForm1263にサインがもらえるのかを

確認しましょう。

写真を撮って証拠を残す ノートにメモを取る。  

これらのことを注意だけはしたほうがいいと思います。

 

「Form1263」を取得するかたはこちら

 

ファームセカンドビザ申請許可がおりる労働日数の目安は3ヶ月になります。

 

 

ファームのシーズン表

場所 時期
ガトン 6月〜10月(ブロッコリー二)
スタンソープ

11月〜3月(いちごなど)

マリーバ

ケアンズ

タリー

イニスフェイル

11月〜2月(バナナ)

コフスハーバー

6月〜10月(ブルーベリー)

ミルデゥラ

5月〜7月(ぶどう)

バンダバーグ

11月〜3月(ずっとできる)(いちごと野菜など)

エアー

8月〜11月(野菜系)

メルボルン、キャンベラ

時期なし 【ミートファクトリー】 

セカンドビザ申請許可6ヶ月目安

上記の表にあるのが、わたしとSHIGEさんで話し合って作成したものです。

もちろんこれよりも沢山のファームがあります。

 

参考程度にみてもらうだけでも役立つと思います!!

 

ファームの情報の入手方法!

日豪プレスガムツリー、SNS、現地の情報交換、

現地のファーム相談所、バッパー窓口

 

情報収集の方法は結局、日豪プレスとガムツリーがメインになってきます。

ヨーロピアンやブラジリアンもガムツリーで探してます。

 

その他だと「ファーム相談所」や「バッパー窓口」が

情報をもってます。

 

どの地域にもファーム相談所がいくつかあります。

現在の募集を聞きましょう!

 

シーズン表で書いた地域のバッパーに行き、掲示板を見たり

受付で聞くと情報を持ってたりします。

 

 

補足情報

「Harvest Trai」はオーストラリア政府公認なので悪徳ファームは少ないと思います。

 

 

【ファーム体験①】ぶどう農園!

 

わたしが最初に行ったファームは

メルボルンの近くにあるミルデュラという街でした!

 

ここはブドウが有名な街なんです!

 

場所 ミルデュラ
内容 ぶどうのパッキング、カッティング
シーズン

5月〜7月

行った時期

2017年5月中旬〜2017年6月中旬

報酬システム

日給の歩合制:1パック$1.6~1.9

日給報酬

$50〜200

英語環境

★★☆☆☆

労働のキツさ

★★☆☆☆

ネット環境

なし

宿泊場所

アコモデーション

 

 

 

報酬の1パック$1.6~1.9は、その日によって値段が変わります。

季節や物の質によって値段が変わるみたいです。

作業内容:ブドウパッキング、カッティング

英語環境:韓国2割、台湾4割、中国1割、日本1割、フィジー1割、マレーシア1割

 

 

◆具体的な生活スタイル◆

5時頃 起床

6時半から7時頃に送迎車が来ます。

15分~20分ほどで職場に到着して

5~10分で準備して仕事スタートします。

仕事は基本的にペアでやって室内なので

雨が降っても仕事はありました。

ただボスが来なかったり天気が雨だと

30分以上待ってから仕事を始めたりしていました。

 

 

#ぶどうファームの目の前の道路

 

 

具体的な仕事内容

まずはパッキングとカッティングに分かれます。

そして、ターンテーブルの上にあるブドウを

カッティングの人が綺麗にしていきます。

 

その後、パッキングの人が綺麗になったブドウを

パックに詰めていきます。

同じ作業を6~10時間繰り返します!(笑)

 

歩合制なので早くやればやるほど稼げます!

週1休みでした。

 

その日に休みたかったら、

リーダーへ連絡入れれば休めました。

#ぶどう畑

 

どれくらい稼げるのか!?

実際、気になるのはここですよね!

ファームで凄く稼げた!貯金できた!って聞くけど

どのくらい稼げるのか知りたいところです!

 

わたしの働いたミルデュラのぶどうファームだと

日給の歩合制でした。

 

■ブドウの収穫時期の日給(ブドウシーズン:5月半ばから7月ごろ)

・作業が早いひと:日給 $150~200

・作業が遅いひと:日給 $50~90

・私のペア:日給 $80~120

 

日給が少ないひとで$50多いひとで$200です。

日本円で考えると4000円から16000円ですね!

かなり差がある(^_^;)

 

女の子でも早い子だと$200ちかく報酬をもらう子がいます!すごい!

わたしは作業が遅いほうだったんですが

日給で$80~120くらいの報酬でした!

(オーストラリアドル 1ドル80円 2019.4.20為替計算)

 

 

 

ここで1ヶ月半くらいファームしたんですけど

なかなか思うように稼げなかったのと、

給料の支払いが遅れたりするので嫌気がさし友達と移動する事にしました。

ファームのオーナーはイタリア人でコントラクターは韓国人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

#ぶどう畑

#ぶどう畑

 

 

【ファーム体験②】トマトとカプシカム!

*カプシカム(ピーマンみたいな皮が分厚い野菜のこと)

 

場所 タウンズビルの近くにあるエアという町
内容 トマトピッキング、カプシカムピッキング、ウィーディング、カッティング、シィニング
シーズン

8月〜11

行った時期

2017年6月中旬〜2017年8月中旬

報酬システム

1バケツ$5~8

日給報酬

日給歩合制

英語環境

★★☆☆☆

比率:韓国1、台湾2、中国1、日本4、ブラジル1、トルコ1

労働のキツさ

★★★★★

ネット環境

なし

宿泊場所

指定なし(バッパーのひとが多い)

 

#ファームのクルー

 

◆具体的な作業◆

6時くらいに起きて

6時半までに食事をして

7時前後に迎えの車がきます

15ー20分くらいでファームに着いて

10分 ミーティング時間  ボス(オーナー)が到着、一日の作業を聞く

7時半から16時(遅くて18時)まで仕事

19時くらいに食事をとる(決まってないけどみんながそのくらいに食べる)

21時くらいには早いひとだと寝る感じでした。

 

ちなみにスーパーが歩いて15分の所にありました。

 

#トマト カプシカム ファーム

 

作物は、トマトとカプシカム。

ピッキングとウィーディングとカッティングシィニングをしました。

#カプシカム

 

ここもファームで有名な所だったんですが

街が小さいのでバッパーに泊まり仕事を貰うことがほとんどでした。

バッパーの値段も高いです。 週$200~300くらいです。

 

働いていれば普通に生活は出来ますが、

お金貯めるのが目的のかたには向いてない ファーム先だと思いました。

 

しかも!トマトの作業が死ぬほど辛かったです。

ずっと中腰でピッキングし、重たいバケツを運んだり、

カンカン照りで日陰なしで一日中働きます。

仕事内容と給料が合っていません!!(泣)

歩合制なので自分が頑張らないと稼げなかったからです。(泣)

 

本当に確認した方がいいですが、

はじめは時給制だったので稼げていました。

しかし、途中から歩合制に変わったのです。

*こういったことはよくあるので注意を!

 

カプシカムも大変ですが、トマトに比べると我慢できます。

しかし、腐ったカプシカムは最強に臭いです。

お気をつけ下さい。笑笑 (時給制か歩合制かは会社によります。)

 

私は、トマトとカプシカムですごくストレスが溜まり、

2ヶ月ほどで辞めました。

#トマト

 

その後、移動はせずバッパーから仕事を貰いました。

バッパーのレセプションの受付が情報をもってて

その日その日に仕事が入り具合を確認してました。

 

わたしはバッパーで1周間くらい待機して仕事をもらいました。

しかし、やっと入った仕事がまた、カプシカム。ピーマンでした!!(T_T)

 

なんで、こんなことになったかといいますと

工場の仕事だったんですが、

そこが、カプシカム。ピーマン、トマト、キュウリ、ナスで募集されてました。

どこで働くかは仕事が決まって配属されないとわからなかったんです。(泣)

 

#なす畑

#メロン

 

私にとってピーマンは一番嫌いな食べ物です。(笑)

なので、決まった時はショックすぎて言葉も出ませんでした。

 

だって、周りの友達(バッパーで違う工場を紹介してもらってた子)は

みんなバジルやらメロンなんですよ…(>_<)

なんでよりによってピーマンやねん!!って突っ込んじゃいましたね。(笑)

ピーマンは人気がない仕事みたいで

タイミングが悪いとなるみたいです。(泣)

#バッパーの前の景色

 

まぁでも、生活するためには行くしかないので、

覚悟を決めて行きました。

 

私がやったのは洗浄や選別ブースで、 ピッキングされたピーマンが流れてきます。

そこから、良いものと悪いものを選別するのですが……

先程も軽く言ったとおり、

カプシカムの腐ったやつは最強に臭い!!!

 

私は、半日で体調を崩し、吐き気とめまいに襲われました。

これは続けるのが困難だと感じ、1日で辞めました。

 

そこは時給制だったので辞めたくはなかったのですが、

身体の拒否反応が凄すぎて無理でした。

 

もう悩みに悩みましたが引っ越すことにしました。

#ファーム

#ファーム

 

エアに行った際はバッパーへ行けば仕事は貰えます。

しかし、アタリはハズレがあるので周りから情報を聞いたり、

バッパーのレセプション(オーナーさん)に聞いたりする事をおすすめします。

遅くても2週間以内には貰えるのではないでしょうか。

 

        

#ファーム

 

 

【ファーム体験③】ブルーベリー!

 

場所 コフスハーバー(週によって場所が変わります。)
内容 ブルーベリーピッキング
シーズン

6月〜10

行った時期

2017年8月中旬〜2017年10月下旬

報酬システム

歩合制 1バケツ$5~7

日給報酬

日給制 $50〜200

英語環境

英語環境:★★★★★

ヨーロピアン4割、アジア人2割、東南アジア人4割(日本人ほぼいない)

労働のキツさ

★★★☆☆

ネット環境

なし

宿泊場所

バスの送迎付き 往復$10レント代込レント 週$160

#ブルーベリー

#クルー

 

 

具体的な内容

5時半から6時くらいに起きて

6時半までに食事をして

7時前後に迎えの車がくる

15ー20分くらいでファームに着いて

10分 ミーティング時間 ボス(オーナー)が到着一日の作業を聞く

7時半から16時、17時まで仕事

19時くらいに食事をとる(決まってないけどみんながだいたい食事する時間)

21時くらいには早いひとだと寝る感じでした。

 

自由に働いていいよ。という感じだったので働きやすかったです。

スーパーも歩いて15分くらいで良かったです。

 

 

 

報酬について

1バケツ$5~7 1バケツ$7 = 約500円くらい。

(これは、フルバケツにした値段です。)

バスの送迎付きです。

(往復$10ですが、レント代に含まれてました。レント代1週間$160)

 

続いて行ったのが、

ゴールドコーストとシドニーの間くらいにあるコフスハーバーという町です!

 

ここは、観光地として有名なのですが、

ファームでいうとブルーベリーが有名です。

それと、インドの方がすごく多い町ですね!

インドの寺院が建ってるくらい!

 

私は、ミルデゥラでお世話になっていた方の紹介で

バッパーへ行きました!

そこのバッパーもお仕事を紹介してくれる所でした。

 

私が紹介して貰ったのは、オーナーがインドの方のファームでした。

働きかたはピッキングで基本的に二人ペアで働きました。

なので、全然知らない人とペアになったりすると英語の勉強に凄くなりました!

 

ブルーベリーは、素手で収穫です!!笑

虫とか怖いと思っていましたが、

思ってた以上に虫はいませんでした。

たまにクモやミツバチやハエが来るぐらいでした、、

 

しかも、トマトやカプシカムみたいに中腰ではなく

(ファームによっては中腰になる時もある)、

ほぼ直立でした!!

もう腰が楽で楽で仕方なかったです。笑

 

とは言うものの、腰周りにバケツを抱えているので、

ブルーベリーが増えれば増える程少し腰や背中に負担がかかってきます。

 

でも、トマトよりは断然マシです!!笑笑

 

 

 

ここが良かった!英語環境がいい!!

 

そして、ここのファームは日本人がほぼいません。

私の時はピッカー30人くらい居て、日本人は2~3人でした。

 

その大半は、ヨーロピアンとマレーシアンでした。

イケメンばっかで毎日ニヤてけてましたね!\(^o^)/笑

 

マレーシアンは、めちゃくちゃ速いピッカーでした。

全く追いつけません。(-_-)

私は1日$85~100くらいでしたが、

マレーシアンの人達はやる気満々で1日$150~200近かったと思います。

ヨーロピアンの人達は、ダラダラしてる人が多かったですが、

早い人は1日$150は超えてました!

 

しかし、チェッカーが厳しいため、そんなに稼げませんでした。

チェッカーが厳しいと取り直しをさせられたり、

自分でもう一度チェックをしないといけないので、

手間がかかり無駄な時間を取られます。

なので、バケツ数が稼げないので、結果的に稼げない事になります。

もっと稼ぎたいと思い、またファーム移動する事に。

 

#ブルーベリー

 

 

【ファーム体験④】ラズベリー!

場所 コフスハーバー
内容 ラズベリーピッキング
シーズン

6月〜10

行った時期

2017年10月下旬

報酬システム

1トレー$5~8

日給報酬

日給歩合制

英語環境

英語環境:作業場所によって違う。

アジア人だけだったり、ヨーロピアンだけの時もあり、割合バラバラ

労働のキツさ

体力のキツさより、メンタル面の方がキツい。

(車の手配やラズベリーのトゲ、英語の読解力等考えないと行けない事がいっぱいでした。)

ネット環境

なし

宿泊場所

不明

#ブルーベリー

 

次は凄く有名で大きな会社で「Costa」というとこで働きました。

ここは時給制が多いと聞いたため行く事にしました。

 

しかし、これがまた運悪く時給制がない場所だったのです。

しかも、ブルーベリーではなくラズベリー!Oh my godでした!(T_T)

なぜなら…ラズベリーはバラ科でトゲが凄いのです、、、

 

その時は知らずに行きましたが、

茎や枝を触ると小さなトゲがあり、

なかなかスピーディに収穫出来ないのです。

 

ラズベリーもブルーベリーと同じ腰にバケツを付けるタイプです。

一応薄い手袋はしましたが、

手袋をトゲが突き抜けてくるのです。

もうそれが痛すぎて、ファームの中で一番のストレスを感じました。

 

あと、Costaは車がないと行けない場所にあり、

仕事があっても足がないと出来ない職場でした。

私と友達はたまたま車を持っている人を見つけ、

自分たちでオイルシェアや交通費などを交渉し通えることが出来ました。

しかし!私はあのトゲのストレスに耐えきれず2日で辞めました。

友達も1週間で辞めました。。。。

 

わたしたちはすぐに辞めてしまいましたが

Costaは有名会社だけあってきちんとしているな。と感じることが

多くありました。

一番印象的だったのが口座振込だった点です!

他は給与は手渡しでした。

セカンドビザを目的としたい場合、安心して働けると思います!

 

 

 

【ファーム体験⑤】ブルーベリー!

場所 コフスハーバー
内容 ピッキング
シーズン

6月〜10

行った時期

2018年9月10月

報酬システム

1バケツ$5.5

日給報酬

日給制 $80〜200

わたし:日給$90~150

英語環境

★★☆☆☆

ほぼアジア人(日本、台湾、香港、中国、マレーシア、インド)

労働のキツさ

★★☆☆☆

ネット環境

なし

宿泊場所

不明

 

 

報酬:1バケツ$5.5 = 約350円 単価は安いですが、

バケツが80%超えてればokだったので稼ぎやすかったです。

 

以前は1日$85~100でしたが、

ここは1日$90~120でいい時は$150超えました。

もちろん、周りは$200超えてましたけど。笑

 

英語環境:★★☆☆☆ ほぼアジア人でした。

(日本、台湾、香港、中国、マレーシア、インド)

みんなでワイワイ楽しくしてましたよ。

ブルーベリー食べながら(笑)

 

そして、2ヶ月後ブルーベリーファームを終え、

私のファーム生活も終了しました。

 

   

#ファーム

 

 

 

まとめ

ー実際に行ってみて本来の情報と違った点は

ファームで実際に行ってみて、本来と違うと感じたところはエアでした。

途中で条件が変わったり、

ボスの言ってる事ややってる事がコロコロ変わったりして混乱しました。

 

んー。エアというより

私が働いていたcrewが悪かったかも…汗

 

ー楽しかった所   

・色んな国の人達と会える

・友達が沢山出来る

・新鮮な野菜や果物が食べれる

・英語の勉強ができる

 

ー辛かった所

・歩合制が多いので頑張らないと稼げない

(時給制は時給制で厳しいとこが多い)

・時給制と聞いていたのに、途中で歩合制になる。

・トマトや茄子、カプシカムなど一日中中腰にならないといけない作物は辛い。

 

ー感想

ファームに行ったからと行って英語環境で

英語が話せるようになるって思ってるひとが

多いと思いますが それはないんだな。って感じ。

 

あとは、ほんっとにファームは時期によって

当たり外れがあるので

ファームのシーズンをしっかり調べて行ったほうが

いいと感じました。

 

実際に働いてみてきつい仕事も

多く経験談で驚かせてしまいましたが

切り傷程度のケガはありますが

大きな怪我、病気の話は聞きませんでした。

 

都内の仕事では味わえない

オーストラリアの広い大地の中で仕事をするということ、

とてもいい経験になりました。

 

ちなみに、わたしがまたワーホリでファームに行くんだったら

記事の中で紹介したコフスハーバーのブルーベリーの

ピッキングのファームか、

オーストラリアのブルームという西海岸にある

牡蠣の養殖、収穫ができるとこで

ここは海が好きな私としては興味があります。(時期はおそらく冬)

 

この記事がこれからファームを悩んでる方の

少しでも役にたてれば嬉しいです!

 

もし何か気になることがあったりしたら

インスタやツイッターで聞いてくれればと思います。

#コフスハーバー#インド寺院#ウールグーガ#カレー週一で食べ放題

 

 

Chikaの他の記事になります。

女子ワーホリ!渡豪費用は60万円!内訳は?

レジュメ(履歴書)の書き方とは!オーストラリア仕事探し

ファームを5つした私のおすすめはブルーベリー!時給は?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました