ワーホリでまだ帰国したくないならリゾートバイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リゾートバイト
The following two tabs change content below.
アバター

SHIGE

「ワーホリ期間2013年12月〜2014年8月」 南の島に移住することに憧れをもち、親友に誘われ一緒にワーホリへ! ゴールドコースト4ヶ月メルボルン4ヶ月シドニー旅行1ヶ月ゴールドコースト→ポートダグラス ハーフラウンド 海外旅行9カ国

こんにちは、SHIGEです!

 

今回は、「ワーホリでまだ帰国したくないならリゾートバイト」がおすすめだよって

お話をしていきます!

 

ワーホリビザの関係で出国しないといけなくなったけど

日本で正社員に魅力を感じない方って多いと思います!

そんな方はぜひ。

 

それでは行ってみよう!

 

ワーホリでまだ帰国したくないならリゾートバイト

ぼくはオーストラリアのワーホリに行っていました。

 

そこで出会った友達でワーホリビザが切れてから

日本のリゾートバイトをやってたひとが結構います。

 

北海道と沖縄のどっちかに行ってました。

行った友達の話を聞くとワーホリの頃のように楽しいとのこと。

 

日本に帰国したばかりのときは

ぼくも正社員というものに全く興味がなくリゾートバイトに興味をもってました。

 

ぼくは結局やりませんでしたが

興味をもってるならこれは抑えといたほうがいいポイントをお伝えします!

 

 

リゾートバイトの魅力とは

 

もう知ってる内容かもしれませんが再確認!

リゾートバイトには正社員になって働くことでは得られない魅力がたくさんあります!

 

日本のリゾート地に無料で行けること

 

ぼくはワーホリで住んでいて感じたことは

日本のこと全然知らないなーということでした。

 

ぼくは旅行費で10万円あったら

北海道や沖縄に行くより近場の海外旅行に行っていたので

日本の観光地に全然行ったことなかったんです。

 

ぼくは知らなかったんですが

リゾートバイトへの交通費をもらえるケースが多くあります。

 

そう!タダで旅行できるわけです!

さらに「祝い金」をもらえることもあるそうです!

 

え、最高じゃん!ってなりますよね!笑

 

 

貯金ができること

 

金銭面で考えてもリゾートバイトは魅力的です。

 

住み込みで働くことができ食事も支給してくれるとこもあるので

お金を使わないので貯金できます!

 

生活していて一番の月の費用は家賃ですよね!

リゾートバイトでは住み込みで働けるところが多くあります。

一人部屋だったり相部屋だったり、

シャワールーム、キッチンが共同だったりタイプは様々です。

 

正直、日本でずっと住んでるかたには抵抗があることもあると思いますが

ワーホリ経験者のあなたは、海外生活を経て

そういったことに慣れている部分もあるんじゃないでしょうか。

 

そういった面でもワーホリからリゾートバイトは向いてますよね。

ちなみに、調べたら普通に部屋を借りてリゾートバイトで働くことも可能みたいです!

 

リゾートバイトではワーホリ時代のような収入は厳しいですが

貯金はワーホリよりしやすい環境が整ってます。

 

 

感覚が似ている一生の友達ができるかも

リゾートバイトに応募しているかたは

あなたに似ている感覚を持っていることが多いです。

 

リゾートバイトで貯金してワーホリに行こうと考えている

外国の方が観光も兼ねて働いてるということを聞きます。

 

普段の仕事では出会えないような素敵な出会いが

あなたを待ってるかもしれません。

 

 

 

 

海好きにはやっぱり沖縄が最高!

リゾートバイトの魅力はわかった。

実際にどこのバイトが一番いいのか、という部分も触れていきたいと思います。

 

ゴールドコーストで出会った女友達はハワイに住んでから

沖縄の石垣島で住み込みで働いていました。

 

電話でどんな感じか聞いてみると

ゴールドコーストに住んでたときのように楽しいよって言ってました。

 

ゴールドコーストに住んでいたときは

時給$16のジャパスで働いていました。

今は石垣島の旅館で月に20万円くらい稼いでるとのこと。

住み込みで部屋にWi-Fiは飛んでないとのことですが

Pocket WiFiなど自分で契約するぶんには問題ないらしいです。

 

食事も出るのでお金を使うところは

リゾートバイト仲間と飲んだりするときと

石垣島にアーティストが来たときにイベント参加費程度らしく

お金が貯まると聞きました。

 

 

 

外国人にも大人気の北海道!英語環境にしたいかたにおすすめ

北海道にワーホリから行った友達の話です。

ゲレンデの全般の仕事をするものをやったみたいです。

こちらも住み込みでゲレンデを利用できるということで

スノボをよくやりにいっていたとのこと。

 

偶然、オーストラリアで出会った日系オージーも

そこで働いていたらしく

日本で再会してさらに仲良くなったと聞きました。

今は関東に二人とも住んでいてよく連絡と取り合うそうです。

 

ぼくがメルボルンに住んでいたときの

シェアメイトのイングランド人が北海道に長期旅行を計画していると話していました。

 

スノボできてご飯が美味しく、温泉もあるということで

すごく魅力的なんだとか。

英語の勉強、外国人の友達を作りたいってかたは

沖縄より北海道のほうが作りやすい印象をもってます。

 

もちろん、北海道も住み込みなので貯金しやすい環境が整ってます。

 

 

 

実家に一旦帰るとリゾートバイトへ行く気がなくなる説

これは実際に僕がなったことになります。

リゾートバイトに興味をもっていたとしても

 

日本に帰国するし、実家でしばらくのんびりしてから考えようかな。

と思っていました。

すると、親や周りの地元から、もうそろそろ落ち着くんでしょ?働くんでしょ?

というプレッシャーをかなり受けました。

 

ぼく自身、リゾートバイト行ったら楽しことはわかってるけど

なんかそれが逃げのような気がして行かないほうがいい気持ちになってました。

 

社会に復帰しないといけないというプレッシャーを感じました。

 

別にリゾートバイトやってても税金払ってるし

社会と関わってるんですが何かワーホリからリゾートバイトに行くことを

止めれた記憶があります。

 

ぼくもそこに乗っかりましたが、

リゾートバイトをしていたほうが貯金が貯まっていたり経験値が上がっていた気がします。

 

ワーホリから帰国して5年くらい経ってる

今だから言えますが別にワーホリしようかリゾートバイトやろうが

その後に正社員にはなれます。

それは僕が26歳、職歴なしの状態で正社員になることができたので実感しました。

 

 

リゾートバイトに行きたいならワーホリ中に行く時期を決めよう

 

リゾートバイトに行きたいなら帰国を決めたら

リゾートバイトに何時頃行けるのかをエージェントに相談しましょう。

 

これも僕は知らなかったんですが

応募しても人気のところは埋まっていたりすぐに行けなかったりします。

 

すぐ働けないで

その間につなぎでも違う仕事をやったら

もう行く気なんてなくなっちゃいますよね!笑

 

リゾートバイトのエージェントはたくさんありますが

ワーホリ中ならまずここに相談するのがいいと思います。


エージェント「ハッシャダイリゾート」の特徴

・LINEでやりとり!気軽に相談できること

・交通費・宿泊サポート案件

・他社より高時給にしてくれるように頑張ってくれる

(他同業者のほうが高い場合教えて欲しいそうです。)

・大手DMMグループの会社なので安心

ハッシャダイリゾートに相談してみる。
 

 

あなたの人生をよりよく最高のものに

少しでは参考になれば嬉しいです。

 

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました