高校中退職歴ゼロの26歳が年収ランキング1位の職種に就職した方法とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就職・転職について
The following two tabs change content below.
アバター

SHIGE

「ワーホリ期間2013年12月〜2014年8月」 南の島に移住することに憧れをもち、親友に誘われ一緒にワーホリへ! ゴールドコースト4ヶ月メルボルン4ヶ月シドニー旅行1ヶ月ゴールドコースト→ポートダグラス ハーフラウンド 海外旅行9カ国

こんにちは、SHIGEです。

 

今回は高校中退して26歳まで職歴ゼロだった僕が

年収ランキング1位の職種に就職できた方法について

お話したいと思います。

 

学歴がないけど平均年収が高い会社で働きたいと

考えてるかた必見の内容になります。

 

では行ってみよう!

 

 

年収ランキング1位の職種はM&A仲介会社

 

外資系の企業で年収が高いのは金融!

おそらく世界でサラリーマンという雇用形態で最も年収が高いのは

外資の投資銀行だと思います。

 

ゴールドマン・サックスというコンサルティング会社は

とても有名ですよね。

トッププレイヤーは年収1億を超えるそうです。

 

ショールームの前田社長もUBS証券株式会社に入社して

UBS Securities LLCに転勤したニューヨーク時代は

年収1億円くらい稼いでいたみたいです。

 

しかし当然のことながら

ビジネスで使えるレベルで英語力が必要になってきます。

 

 

 

日系企業の年収が高いのも金融!平均年齢30代は全て営業会社

 

ほとんどのかたが英語で話せませんよね。

日系企業の年収が高い企業はどこになるでしょうか。

 

下記の資料をご覧ください。

これは上場企業の年収ランキングになります。

 

 

1位となった三菱商事の年収を上回る企業は存在する。代表的なのは、M&A仲介やアドバイザリー業務を手がける各社だ。後継者不足という深刻な問題を抱える中小企業の事業継続を目的に、譲渡側と譲受側の橋渡しなどを手がける。

特に、M&Aキャピタルパートナーズの社員の年収は、2994.8万円(17年9月期)、2478.1万円(18年9月期)と、2期連続で2000万円台。それも平均年齢は30歳強、勤続年数は約3年である。

引用元:東洋経済

 

全て平均年収が1千万円超えの凄い会社になります!笑

その時に平均年齢も見てみてください。

ほぼ全てが40歳超えになります。

つまり50歳になった頃に年収1千万円超えてくるといったイメージです。

 

そういった会社は高学歴新卒で入社してから

年齢ともに役職がつき出世して年収が上がっていきます。

 

 

平均年齢30代で年収ランキングにある企業

順位 企業名 平均年齢 職種 HP
1位 M&Aキャピタルパートナーズ 31.5歳 M&A仲介の営業 会社概要
2位 キーエンス 35.9歳 製品の営業 会社概要
5位 GCA 37.3歳 M&A仲介の営業 会社概要
7位 ストライク 36.2歳 M&A仲介の営業 会社概要
8位 ヒューリック 39.8歳 不動産売買の営業 会社概要
23位 日本M&Aセンター 35.7歳 M&A仲介の営業 会社概要

 

ぼくも含め、「学歴ないし、新卒じゃねーよ!」ってかたは

上記の表を見て下さい!平均年齢30代のものをまとめました。

 

なんと、M&A仲介及びコンサルティング業務の所ばかりです!

しかも調べていただければわかりますが、中途採用も行ってるじゃありませんか!

 

M&Aとは、「Mergers(合併)」and 「Acquisitions(買収)」の略で、

直訳すると「合併と買収」という意味です。簡単にいうと会社の売り買いのことです。

 

学歴マーチ以上で職歴があれば中途採用でチャレンジ!

 

M&Aキャピタルパートナーズ
キーエンス
GCA
ストライク
ヒューリック
日本M&Aセンター

学歴がマーチ以上で職歴も問題なければ中途で入社可能性があるように感じます!

ぼくは26歳職歴なし、最終学歴が美容専門卒でした。

どう考えても無理です。

 

 

さらに非上場会社も視野に入れよう!

 

非上場会社も視野に入れて考えましょう!

 

上場会社のように株式を公開してませんので

年収ランキングなどはありませんが非上場会社で儲かってる所は多くあります。

 

経営者で考えると上場が全てではありません。

上場することで株式を公開して資金を得やすくする代わりに

投資家に意見をいわれたり、また会社の売却もしづらくなります。

 

そしてランキングなどにも載ってないので

ライバルが少なく入社しやすい所も多くあります。

 

M&A仲介会社は法人営業なのでHPがしっかりあります。

インターネットで調べてみましょう!

 

 

結論!職歴がないならインターン制度でアピールしよう!

 

ぼくは学歴も職歴もありませんでした。

そのぼくが正社員としてベンチャーながらM&A仲介会社で働けたのは

 

間違いなくインターンというバイトの立場で仕事をして

信頼を得たに他ありません。

 

週5で時給1000円、8時間働いてました。

当初はM&Aに興味があり勉強するのが目的でバイトしてたんですが

正社員に誘われ入社することになりました。

 

その職場でインターンに来ていたのは有名大学の学生だけでしたが

インターン応募を学歴、学生で絞っていたわけではなかったです。

 

入社する可能性がある優秀そうなひとを合格にしていた印象です。

 

ぼくはやる気枠で誘われました。笑

というか、そもそもインターン応募募集から面接したわけじゃないんですよね。

 

ぼくが働いた会社の社長の本を読んで

ファイナンスや金融に興味をもち、連絡をとったのがキッカケです。

 

その社長が話してた採用基準はこちらです。

「やる気は皆んなある、人間としての魅力があるか

一緒に働きたいかが採用の基準。」

 

M&Aは少人数で大きな利益を生むことができる仕事なので

非上場してるところは人数を多くとっていない効率主義のところが多いです。

 

ですが、やはり決めては興味がそそられるような

アピールができるかってことが重要みたいですね!

 

勉強熱心の、あなたなら、きっと大丈夫です!

行きたいところに行き、

入りたいところに入りましょう!

 

少しでもお役に立てたら嬉しいです!

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました