オーストラリアで携帯電話を契約しよう!!格安プランは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「損しない!」対策特集
The following two tabs change content below.
アバター

SHIGE

「ワーホリ期間2013年12月〜2014年8月」 南の島に移住することに憧れをもち、親友に誘われ一緒にワーホリへ! ゴールドコースト4ヶ月メルボルン4ヶ月シドニー旅行1ヶ月ゴールドコースト→ポートダグラス ハーフラウンド 海外旅行9カ国

こんにちは、SHIGEです!

 

今回はオーストラリアに住んだら出来るだけ早くしたい。

携帯電話の契約についてお話してきます!

 

当時、ぼくも情報がなくて困ったので

それを解決できる記事にできたらと思ってます。

ではいってみよう!

 

オーストラリアで携帯を契約しよう!

 

オーストラリア入国おめでとうございます!

一歩踏み出しましたね!

 

どうですか?オーストラリアは!

まだ不安と期待ばかりでよくわからないですかね。笑

これから、部屋の契約(もう終わってるかな?)、仕事を探したり

友達つくったり、恋愛したり、、

わくわくドキドキしてると思います!

 

でもそれをするには

コミュニケーションをとるために携帯が必要になります。

1人で心細いと思いますが頑張りましょう!

 

 

日本からSIMフリーを持ってきた方は!

SIMカードだけ購入すれば使える!

まず日本でSIMフリーの契約を準備してきたかたは

それをそのまま使えるので利用しましょう!

 

 

現地で携帯購入する場合

 

日本の携帯がSIMロックがかかっている場合は

現地で携帯を購入しましょう!

 

大きく分けると携帯の2つのタイプが選べます。

・iPhoneといった高級スマホ

・ローカルで売ってる格安スマホ

 

iPhoneだと10万円くらいして

格安スマホだと3000円くらいで買えます。

 

機能面はやはり、格安スマホは良くないですが

金銭面に余裕がないならまず格安スマホを契約して様子をみてるのがいいと思います。

 

SIMカードに電話番号をリンクさせるので

後からiPhoneを購入して変えることができるからです。

 

ちなみに、ぼくは格安スマホでずっと生活していました。

現地携帯+日本購入iPhone 2台持ち

Wi-Fiが使えるフリースポットや家では日本携帯をWi-Fiに繋いで使い

現地携帯は電話とテキストやりとり(ショートメール)、LINEを使うくらいで

他は使わなかったです。

 

格安スマホは写真機能も良くないので

写真や動画も日本の携帯で撮影してWi-Fi環境になったらSNSにアップしたりしてました。

このスタイルで生活しているワーホリのひとを多く

格安でスマホを購入できるという点以外にも

オーストラリア通信会社での料金の問題も関係してます。

 

 

日本人が運営する携帯会社は気をつけろ!

 

オーストラリアに来たばかりだと携帯を契約するときに

日本人が運営している携帯会社を利用することが多いです。

ぼくもそうでした!

 

ですが、これははっきりいってお勧めしません。

ローカル携帯会社 ← 日本人運営携帯会社 ← 契約者

日本人のスタッフに日本語で説明してくれるので

安心して携帯を契約できますが、

当たり前ですがそこにはサービス料金がかかってます。

 

 

サービス内容と料金が納得できるものならいいのですが

ワーホリのほとんどが慣れてくるとローカル携帯会社に切り替えます。

 

それだけローカル契約のほうがお得ということです。

ぼくが利用した所だと3つの問題点がありました。

・SIMカードの使い回し

・携帯電話が機能の割に高い

・料金が通信量制限の月額制プラン

 

・SIMカードの使い回し

SIMカードに電話番号をリンクしてローカル携帯会社と契約してます。

おそらくSIMカードを毎回購入すると費用がかかるので

経費削減で別の方が使っていたSIMカードを代用してるようです。

(全ての会社ではないと思います。)

ぼくが使った携帯もデータが残ってた?か何かで

そのことがわかりました。

携帯電話を利用する分にはSIMカードを代用されても

問題ないですが気分はよくなかったです。

 

 

・携帯電話が機能の割に高い

ぼくが契約した日本人が運営する携帯会社では

型落ち日本メーカー携帯と通信制限あり月額制通信プランと契約最低期間

の、セット販売をお勧めされました。

 

ぼく自身、日本だとiPhoneしか使ったことがなかったせいか

型落ちの日本メーカーは本当に使いづらかったです。

 

写真は撮る気にならないわ、

通信遅いわでストレスが凄かったです。

 

 

 

・料金が月額制プラン

一番の問題点は契約が月額プランの点です。

 

日本だと料金の月額プランが一般的なので気になりませんが

オーストラリアだとこれはかなり危険です。

通信量の関係からです。

 

上記のものはオーストラリアの某大手日系携帯ショップの人気プランになります。

 

上記の写真のなかで「無料データ」と書かれているものが

月のインターネットなどの通信を月額プラン内で利用できる容量になります。

 

日本だけ通信容量が決まっていても

それを超えたら通信が遅くなったりと、

最近では多額の請求が要求されることはないと思います。

 

が、オーストラリアの携帯ショップの月額制では

超えると料金が多額に発生します。

 

ぼくの友達でiPhoneで月額プランにしてたんですが

iPhoneなので通信量の利用量も凄かったみたいで

月額プラン量を大きく超え、

8万円程、請求がありました。

 

もちろん、自分がどれだけ通信量も使っているのかも

調べることはできますが

気づかないうちに通信容量を超えていて請求がきたら

恐ろしくないですか??

 

なので僕はプリベート式で契約するのをお勧めします。

 

 

オーストラリアにある通信会社は大きく分けて3つ!

 

プリペイド式ならチャージ料金が超えたら止まるので安心です。

なのでローカルでぜひ契約しましょう!

 

で、ローカルのどこで契約するのが良いのかって話しですよね。

 

オーストラリアの携帯会社だと代表なのが

テルストラ(Telstera)、オプタス(Optus)、ボーダフォン(Vodafone)

の3社になります。

 

 

3社のプリベイドプランの料金設定の比較

テルストラのプリペイドプラン

大きなショッピングセンターには、Telstraショップが入っていますので、そこでTelstra専用(SIMロックあり)のプリペイド携帯や Starter Kit(SIMカード)を購入できます。また、スーパーマーケットなどでもSIMカードが購入できます。

 

$30プラン

$40プラン

$50プラン

データ通信

1.5GB

3GB

 4GB

通話 

$700クレジット

無制限 

Text 

無制限 

国際通話&Text 

$200クレジット

$350クレジット

$550クレジット 

ロールオーバー

未使用のデータ通信、通話クレジット、国際通話&Textクレジットは次回リチャージの有効期限内繰り越し

有効期限

28日間

* 通常はこれらプランに何らかのキャンペーンが適用されます。ちなみに2016年5月現在は、夜間データ通信が同量追加されデータ容量が倍になるキャンペーンと、全国30万か所に設置されたTelstra Airと呼ばれるWifiサービスが無料で使えるキャンペーンがあります。最新の情報は、Telstra公式サイトのプリペイドプランのページをご確認ください。

 

 

オプタスのプリペイドプラン

大きなショッピングセンターには、Optusショップが入っていますので、そこでOptus専用(SIMロックあり)のプリペイド携帯やSIMカードを購入できます。また、スーパーマーケットなどでもSIMカードが購入できます。

 

$30プラン

$40プラン

$50プラン

データ通信

2GB

5GB

7.5GB

通話 

無制限 

Text

無制限 

国際通話&Text

$5クレジット

$10クレジット

$15クレジット 

ロールオーバー

未使用のデータ通信容量は最大15GBまで繰り越し

有効期限

28日間

* 通常はこれらプランに何らかのキャンペーンが適用されます。ちなみに2016年5月現在は、データ通信容量が1GB追加されるキャンペーンがあります。最新の情報は、Optus公式サイトのプリペイドプランのページをご確認ください。

 

 

ボーダフォンのプリペイドプラン

大きなショッピングセンターには、Vodafoneショップが入っていますので、そこでVodafone専用(SIMロックあり)のプリペイド携帯やSIMカードを購入できます。また、スーパーマーケットなどでもSIMカードが購入できます。 

 

$30プラン

$40プラン

$50プラン

データ通信

1.5GB

4GB

6GB

通話 

無制限 

Text

無制限 

国際通話&Text

標準料金

90分まで無料

90分まで無料

ロールオーバー

なし

有効期限

28日間

* 通常はこれらプランに何らかのキャンペーンが適用されます。ちなみに2016年5月現在は、データ通信容量がそれぞれ、+1.5GB($30プラン)、+4GB($40プラン、$50プラン)追加されるキャンペーンがあります。最新の情報は、Vodafone公式サイトのプリペイドプランのページをご確認ください。

引用元

 

上記のものでチャックをして欲しいところは

$30プランでの「データ通信」のところです。

 

会社名 $30プランでの「データ通信」
テルストラ 1.5GB
オプタス 2GB
ボーダフォン 1.5GB

 

オプタスが一番、安いですね。

さらにどの機種もそうですが同じ機種同士だと

テキスト(ショートメール)、電話が無料になります。

 

ワーホリの方が一番契約しているのはオプタスと聞いたので

ぼくもオプタスを使ってました。

通信速度も気にならなかったです。

ちなみにテルストラが一番通信が速いそうです。

 

契約のサブオプションとして

テルストラ→アップルミュージックの音楽ストリーミング無料、EVENTシネマ割引

オプタス→Spotify,GooglePlayMusic、PANDARAなどが無料利用

 

というのが最近は付いてるそうです。

詳細は店員さんや現地の日本人に聞いてみてください。

 

オプタスの料金が安いこと。

ワーホリのひとたちが一番利用しているらしいので

同機種同士でお得なことがわかっていただけたと思います!!

 

 

オプタスの会社に契約しにいこう!

 

ではオプタスでプリベイドで契約する方法をお話しします。

○SIMカードを買う

○格安スマホを買う

 

空港でもどこでも買えますが

ぼくの場合でお話しすると

スーパーマーケットウールワース(Wooworshs)で

SIMカード、スマホを両方購入しました。

SIMカードはスーパーの中で売っていて

格安スマホはタバコ等を買えるレセプション?で買いました。

 

その際に、スマホがSIMフリーなのか。

必ず確認してください。

 

 

○オプタスの店舗に行く

 

I want to contract the phone.

(携帯電話の契約をしたい。)

 

I have. An SIM card and a phone.

(私は持ってる。携帯電話とSIMカードを。)

 

I leving here Working holiday visa

(ワーキングホリデービザでオーストラリアに住んでいる)

 

I want to contract by a prepaid type.

(プリペイドタイプで契約したい)

 

 

店員さんにこれを伝えてくだされば

購入したSIMカード、スマホを見せれば契約手続きが始まります。

契約では下記のものを要求されます。

・パスポート

・ビザ

・住所

・メールアドレス

それを入力し終わると電話番号の選択をして

契約内容を確認して料金を支払えば終わりです。

(イメージ)

 

電話が使えるかチェック!

数分で携帯電話を利用できるようになります!

現地の友達がすでにいれば連絡し合って

きちんと使えるか確認しましょう。

 

 

さあ、あなたは友達作り、恋人作り、仕事探しと何でもできる!

 

これで現地の携帯電話を手に入れれました。

 

仕事を探したり部屋を借りたり、銀行に行ったりと

全て現地のひととのやりとりは基本的にはテキストか電話が基本になります。

 

また現地のスマホにダウンロードしたほうがいい

アプリについても別の機会でお話ししていきます。

 

とりあいず、「Simeji」はすぐに登録しましょう。

日本語で文字を打てれるようになります。

Google Playでダウンロード

Appleでダウンロード

 

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました