マンションの査定は複数に依頼するべし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2nd Job
The following two tabs change content below.
アバター

SHIGE

「ワーホリ期間2013年12月〜2014年8月」 南の島に移住することに憧れをもち、親友に誘われ一緒にワーホリへ! ゴールドコースト4ヶ月メルボルン4ヶ月シドニー旅行1ヶ月ゴールドコースト→ポートダグラス ハーフラウンド 海外旅行9カ国

こんにちは、SHIGEです。

 

今回は「マンションの査定は複数に依頼するべし」です。

 

ぼくは、都内の中古マンションの販売数、1位の会社で

買取再販の営業マンをやってました。

 

その経験を元に役立つことを発信していきます。

それでは行ってみよう。

 

 

マンションの査定は複数に依頼するべし

 

マンションの査定は複数の会社に依頼したほうが絶対にいいです!

 

理由は金額は全然違うからです。

なに当たり前のこと言ってんだよ。と思われるかもしれませんが

実際に販売経験のない方だと戸惑うほど金額が違います。

 

2000万円ちかいの物件ですと

数百万円違うなんてことはザラです!

 

ちなみにこれは、不動産会社が詐欺をしてる

ボッてるという話ではなく、

不動産会社も実際にその物件が幾らで売れるのか

実はわかってません。笑

 

なので金額が不動産会社ごとに違うことは

普通なんですよね。

 

 

不動産業者は販売データから売れる金額を予測する

 

では不動産業者はどうやって物件を査定しているんでしょうか。

気になる所ですよね!

 

不動産会社はレインズという不動産会社専用のポータルサイトを利用していて

そこに多くの不動産の情報が掲載されています。

 

販売物件があり、その販売物件が売れると

その販売物件が幾らで売れたのかデータに残ります。

それを見て予測するというのが一般的です。

 

そう、これが基本であり全部ではありません。

 

 

強い買い取り金額を提案できる不動産会社のカラクリ!

 

売れた物件のデータを見て金額を予測するわけなので

当然、売れたマンションのデータを多く知ってる業者が数字が強いです。

 

■買取金額が低い不動産会社

査定マンションの過去に売れたデータがレインズに乗ってない、、

■買取金額が高い不動産会社

査定マンションのデータ、自社サイトにあるぞ!

 

それは不動産会社が大きくなればなるほど

多くのデータを自社で調べているのでその分、精度の高い査定ができます。

 

 

リノベーションで高く売れる会社は買取金額も高い

 

それ以外にも秘密があります。リノベーションです。

 

リフォーム→修理、補強

リノベーション→間取りを変えるレベルの工事をすること

 

最近、リノベーションした家やマンションが注目されてますよね。

 

このリノベーションして販売する技術が高い不動産会社は

さらに高い数字を提案できます。

 

 

他にもあるケース

 

他にある大きな金額の違いがある場合に

一番多いケースは

 

不動産会社の販売金額の読み間違いです!

 

そんなことあるのかしら?

 

意外に思うかもしれませんが

不動産会社の読み間違えで赤字になる物件は多くあります。

 

特に過去の販売物件データが少なく

経験の裁量に比重が大きい不動産会社に多いです。

 

 

実は売却金額の他にも複数相談したほうがいいことが、、

 

この記事では売却金額の違うから

複数の不動産会社に相談したほうがいいってお話をしました。

 

査定相談者 → 仲介不動産会社 → 買取不動産会社 (販売データが少ない所)

→ 買取不動産会社 (販売データが多い所)

→ 買取不動産会社 (リノベーションしての販売技術を持ってる所)

 

でも実はこれって買取不動産会社の話だけなんですよね!笑

この記事を読まれてるあなたが相談しているの多くの場合は仲介不動産会社になります。

 

ここも複数相談したほうがいいです。

 

なにやらややこしい話になってきましたね。笑

ここらへんはまた次回に。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた!

 

PS.

最近はAIも発達して無料査定サービスも充実してます。

ぼくが働いていた都内販売数NO1も利用していたサービスはこちら

 

このサービスも参考までにしてください。

ですが、結構精度が高いです!笑

また正しい使い方についても話してこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました